2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリア旅行日記 その12

kage

2018/01/26 (Fri)

国立公園の日の出

5日目の朝

まだ真っ暗なうちにバスに乗り込みます。

向かった場所はもちろんココ

前日とは逆の方から日の出の鑑賞です。

日が登るのとともに
影の形と表面の色が変化して行きます。
奥の方にカタジュタも見えています。





日の出鑑賞の後は
いよいよ近づきます。
近づいてみると、思っていたより傾斜はなだらかに見えます。


ウルルは登山(ロッククライム?)が可能ですが
ここは風が強かったり、気温が高い日は熱中症になったり
滑落を含めて命に関わるようなリスクがあります。


この日は風が強く登山禁止となっていました。

また、ウルルは先住民族の人にとって非常に大切な場所でもあるので
ガイドさんも含めて、基本的に登山は勧められません。
大切な場所で事故が起こるなんて耐えられないですよね。

私も登るつもりはありませんでしたし、
登らずとも見所も沢山で素晴らしい体験ができると思います。

もっと近づいて行きます

つづく

ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オーストラリア旅行日記 その11

kage

2018/01/13 (Sat)

国立公園の夜

鑑賞に来た人々は
おもいおもいの場所に立ち止まり
一つの大きな岩を見つめています。


不安定な紐で作られた柵にカメラを固定しているおじさんがいまして、
私が不意に柵に触れてしまったら、
すごい文句を言って来ましたが、、、
しゃーないやん、と思いながら。。。一応謝りました。

夕日の沈む方には先ほど訪れたカタジュタが。。


陽が沈むにつれ、色が変わっていくウルル。





陽が地平線の彼方へ、、、
この時間が終わってしまうと思うと、
物悲しさもあります。


鑑賞会が終わると、バスに乗り
それぞれのホテルに戻ります。
私はランチをした」ショッピングセンターで下車して
夕食を購入し、循環バスでホテルに戻りました。

そして、ホテルの展望ポイントを目指します。


オリオン座に南十字星。
私のカメラではこの程度ですが、、、
久しぶりに見た満点の星空。


翌日は、ウルルの日の出を鑑賞に行きます。

つづく

ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

ノロノロしすぎて

kage

2018/01/10 (Wed)

オーストラリアの旅行から間も無く1年。。。

実はもう次の旅のオーストラリアの旅の予約をしてしまいました。

次の旅に出る前までには、この旅を完結させなければ。

@ケアンズ キュランダ

ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

オーストラリア旅行日記 その10

kage

2018/01/07 (Sun)

カタジュタからウルルへ

カタジュタの散策を終えた後、
トイレ休憩も兼ねて、カタジュタの眺望ポイントへ。


日が傾きかけました。
影が長くなっていますが、まだまだって感じの青空です。


バスに乗り込み、次の場所へ移動。
ぐるっと回りながらカタジュタに別れを告げます。


見る角度によって、雰囲気の変わる岩並。


そしてついに。。。

と言っても、少し離れた場所からの鑑賞となります。


夕日に照らされるウルル(エアーズロック)
沢山の人がそのひと時を待ちわびています。
(食事のついた鑑賞ツアーもあります)

もうすでに、赤く染まり始めています。


つづく...


ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

2018年が始まりました

kage

2018/01/04 (Thu)

12月は更新できず、
年が明けてしまいました。

今年はもう少し更新の頻度を上げたいものです。


@オーストラリア カタジュタ
2018年blog初め。
ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
本年もよろしくお願い致します。

応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓↓↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

復路

kage

2017/11/28 (Tue)

Kata Tjuta

@オーストラリア


ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

オーストラリア旅行日記 その9

kage

2017/11/26 (Sun)

カタ・ジュタ

ランチの後、翌日の朝ごはんを調達し、一旦ホテルに戻ります。
暑い日中を避けて、国立公園のツアーは夕方から始まります。

少し時間があったので、ホテルの周りも散策します。

頭にツノが生えたような、鳩のような鳥。


ホテルの敷地にある展望所に行ってみます。
あっつい・・・どこまでも暑い空が広がります。


今日のツアーで訪れる、岩がまた見えました。
さっきの展望台より、すこし近くに見える?
あまり大差ないかな。。。


夕方。。と言ってもまだまだ太陽は高いですが
ホテルのロビーに集合します。
必要な持ち物(というか、これがないと公園に入れない)は
国立公園の入場するチケットと、水1リットル。

時間になるとツアーガイドさんが迎えにきてくれました。
他のホテルからの参加者も一緒です。

少し走ると国立公園のゲートに到達します。
入場許可書の確認は、管理官にバスの中から見せるスタイル(結構適当。。。)
抜き打ちで、バスに乗り込んでくることもあるそうです。


最初に見えてきたのは、ウルル(エアーズロック)
近くに見えますが、まだまだ遠いですよ~。もう目が離せないですね。


今日の最初の目的地に到着。
その名も「カタ・ジュタ」
沢山の岩山からなる、アボリジニの聖地の一つ。


カタ・ジュタはアボリジニの言葉で「多くの頭」という意味だそうです。
カタジュタでは岩間をトレッキング(?)散策します。

国立公園内は、夏になると大量のハエが発生します。。。が
今年の2月頃は少なくてラッキーでした。
それでも虫除けの網は必需品でした。


さて話が逸れましたが、谷間を20分ほどずんずん進んでいきます。
あの谷の向こうには何があるのかなぁってワクワクしますね。


ですが、種明かしをすると、この先は行き止まりになってるそうです。

青々した緑の木が茂っています。
去年の12月頃からこの辺りは雨が大量に降ったようで
この谷の奥にはちょっとした池ができていました。

準砂漠のこの場所に水が溜まっているのも、珍しいようですが
なんと、おたまじゃくしまで泳いでいました。自然の力強さを感じました。


体力のある方々は、行き止まりの奥まで進み
体力のない私は、暑さにも負け、ここからゆっくり引き返しました。

まだまだ つづく

ご訪問いただき、ありがとうございます。
マメな更新ができていませんが、またのご訪問をお待ちしています。
応援クリック宜しくお願いします☆
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。